我が家の夏休みの過ごしかたを紹介!

断熱カーフィルム「シルフィード」を貼ってみた効果や感想!専門店とディーラーの違いは

5 min

カーフィルムの中で、UVカット機能だけでなく断熱効果もある「シルフィード」を貼りました。

そもそも断熱フィルムを貼るか普通のフィルムを貼るか、貼るならディーラーにお願いするかカーフィルム専門店にお願いするかでかなり迷ったのですが、我が家は結局シルフィードをディーラーでお願いしました

シルフィードを貼ってみた感想や効果、貼ろうと思ったきっかけ、選んだ色などを解説します!

ちなみに我が家はボルボV40をファミリーカーにしています。

V40については「ボルボV40をファミリーカーとして購入、後部座席は狭いけど…気に入っている点イマイチな点」を読んでみ下さいね。

断熱カーフィルム「シルフィード」を貼った感想と貼る前との違いを解説

それではまず結論から!

シルフィードを貼ってみてどうだったかというと、

  • じりじりとした暑さは、確かになくなった気がする。
  • 直射日光の暑さを防ぐ効果はあると感じる。
  • でもじわじわとした暑さを防ぐ効果はそれほどでもない。
  • 暑い日も眩しくないのに外の景色が観られて良い!

このような感じです。

直射日光のじりじりとした暑さを防ぐ効果を実感

ちょっと曖昧な表現で申し訳ないんですけど、直射日光のジリジリとしたというか、ちりちりするような暑さを防ぐ効果は確かに実感できると思います。

前ならサンシェードをつけないと居られないような時も、シルフィードを貼っていればサンシェードなしで過ごせる感じです。

後ほどお話ししますけど、我が家はシルフィードを貼る前は吸盤タイプのサンシェードを使っていたので、自分側はまだしも子ども側の付け外しがけっこう面倒でした。

シルフィードを貼る前は、子ども側に直射日光が当たればサンシェードを貼り、直射日光が当たらなくなれば景色が見えるように外し…みたいな事をしていたわけなんですけども…

その手間がなく、ジリジリを感じずに過ごせるのは快適です。

ただし、じわじわ時間をかけて熱せられた時は微妙

直射日光のジリジリを和らげてくれる効果は感じるシルフィードですが、これもぼんやりした表現で申し訳ないんですけど「じわじわ」した暑さはそれほど効果を感じませんね。

「じわじわ」というのは、たとえば比較的曇っているのに暑い日に、割と長い時間、屋外駐車場に駐車していた時の暑さといいますか…

曇りだから油断してるというのも一理あるとは思いますし、シルフィードを貼っていない状態の車と同じ環境で比較できないので、あくまでも感覚ですけどね。

シルフィードの色はプライバシーも配慮でSC-7020を選びました

日除けや車内の温度を抑えたいという目的で貼ろうと思ったフィルムですが、どうせなら後部座席の目隠しになった方がいいなと思って、色はディーラーの担当の方のおすすめカラーSC-7020にしました。

ネットで調べた時は7030が一番人気っていうのを見掛けたような気がするので、心の中ではほぼ7030でディーラーに行ったんですけどね!

色を選んでいる時に見せてもらったんですけど、ボルボのV90の後部座席にはSC-7020の1つ濃い色が貼られているんですって。

それは我が家には濃すぎするし、かといって1つ薄い7030だと薄すぎる気がしたので、素直に担当の方のおすすめSC-7020を選びました。

外から見ても中は見えにくくなっているし、かといって車内からはほぼ変わらずに景色が見られるので、色選びは本当にピンポイントでした。

断熱フィルム「シルフィード」にしたのは、日除けの付け外しが面倒だから

さて、我が家がなぜシルフィードを貼ったかをお話ししていきます。

フィルムを貼る前、直射日光が照りつけるような時は、レンタカー時代に購入した吸盤でくっつけるサンシェードを付けていたんです。

こういうやつですね。

でも中からうっすら外の景色が見えるようなメッシュタイプはあまり日除けの効果がないし、ちゃんと日除け効果のあるタイプの日除けは、つければ外が見えないんですよね…

  • せっかくのお出掛けなのに、暑い日は景色が見られないは残念。
  • 子どもが酔いやすいタイプなので、景色は見えた方がいい。

こういう理由だけでなく、

自分側ならまだしも、子ども側のサンシェードの付け外しってシートベルトした状態だとなかなか・・・大変。

当時はカーフィルムの種類など全く知らなかったわたし。

調べているとフィルムにはUVカット機能だけのものと断熱効果があるものがあって、断熱効果があるフィルムは少し高価だという事を知りました。

しかも結構な値段なんですよねぇ…

UVカットだけのフィルムの場合、眩しさやはある程度和らぐとして、問題は暑さ。

シルフィードは断熱フィルムとはいえ、実際価格に見合うだけの効果が体感できるかどうか気になるところではありますが、ひとまずシルフィードの価格を近隣のカーフィルム・コーティング専門店に問い合わせてみました。

シルフィードの価格を専門店に問い合わせた時のこと

シルフィードの気になる価格ですが、ネットで調べてもおよその金額しか出てこないんですよね。

そこで、実際に行けそうな場所にあるカーフィルム・コーティング専門店2社に問い合わせをしてみました。

N社A社
後ろ5面33,000円47,250円
前サイド2面18,500円18,000円
7面に貼る場合51,500円65,250円
フロント32,000円31,500円
代車なしあり
備考駅から遠く便が良くないが代車はない。断熱効果を体感できる機械がある。

後ろの5面に大きな価格差がありました…

安さが売りのN社、国家資格保持者施工のA社

N社はシルフィードをお手頃価格で貼れることが売りの専門店。

説明もテキパキしていて、「シルフィードよりお手頃な物が良ければ」とウィンコスの価格もササっと紹介してくれるという手際。

ただ、駅から遠く便が良くないのに代車がない点が気がかり。

いっぽうA社は国家資格取得者(国家資格がある事、初めて知りました…)が施工するという事と、断熱性能を体感できる機械がある点を強調していました。

何でもこの資格取得者が施工するのとそうでないのとでは貼り方に違いがあるとか…

また断熱性能を体感できる機械で体感してみて「思ったより断熱効果ないな」と思えば、普通のフィルムを選べる点も安心という印象でした。

どちらも「フロントにも貼った方がいい」というけど…

N社もA社もそれぞれ魅力があるのですが、共通していたのは「フロントにも断熱フィルムを貼った方が良い」という姿勢だった点ですね。

いわく、フロントガラスは面積が大きく夏場はインテリアの劣化が早まるので、断熱フィルムを貼れば劣化予防になるということ…

ただしフロントガラスは車種により機械?を保護するのに手間がかかるとかなんとかで、フロントガラスはちょっとおたかめ。

もし全面に貼るとなるとN社は8万超え、A社は10万弱ということに!

ディーラーの担当の方に相談してみたところ…

う~ん、10万…車って本当にお金が飛んでいくんですね…

貼ったはいいけど、価格に見合うほどの効果がない…では困るし、とりあえずディーラーの担当の方に相談してみたんです。お忙しいと思いつつも…

すると意外というか「そこまで必要ないと思います」という回答だったんです。

自宅駐車場や乗車頻度から「そこまで必要ないのでは」と

まずディーラーの担当の方に言われたのが、我が家が機械式駐車場の地下1階だということ。

日常的に太陽にさらされる環境ではないので、当然車内は暑いどころか涼しい状態なんです。

次に、年式にもよるのかも知れませんが少なくとも今の我が家のボルボはUVカット機能がついていること。

さらに、フロントにカーフィルムを貼っていないお客様の車が特別劣化している事はないということ。

以上の事から「フロントに関してはそこまで必要とは思わないです。」との事。

シルフィード自体は貼らないより貼った方が確かに暑さは和らぐけど、劇的に変わるかというと…という感じでした。

担当の方は、「全面だと金額が金額なので、まずはリア5面に貼って様子を見るのもありだと思います」と提案して下さりました。(本当に良い担当の方なんです。

カーフィルムはボルボでもお願い出来る事は知っていたんです。

でも金額がほぼA社と変わらなかった事もあって勝手にお手頃なフィルムなのかなって思っていたんですけど、シルフィードでの価格だとわかったので結局ディーラーでお願いする事にしました。

価格は店舗によって違うみたいです。

ディーラーと専門店、フィルム施工の違いは価格だけではなさそう

車に詳しい方ならパッとおもいつくのでしょうけど、私のように何も知らない所から車の事やその周辺の事を調べるのは本当に大変でした。

そこで備忘録として、ディーラーと専門店、私が感じた違いを書いておきますね。

あくまでも個人的な感想なのと、店舗によって違いがある点をご了承ください。

専門店のメリットデメリット

デメリット
  • 代車がないお店もある。
  • 「貼った方がいいですかね…」という相談は当然できない。
  • お店がピンキリでお店選びが大変そう。
メリット
  • 実際にフィルムを当てて見せてくれるお店もある。
  • 断熱性能を体感できる機械があるお店も。
  • お店によっては安く済ませることも。

こんな感じでしょうか。

フィルムの在庫を持っているお店だと、実際に車の窓に合わせて色味を見させてくれる事もあるようですね。

フィルムやコーティング専門店なので、施工後の車が置いてあれば参考までに色味を確認できそうです。

あとは断熱効果を確かめる機械がある店舗なら、どれだけ断熱効果があるのか体感も出来るのでいいですね!

ただ、国家資格取得者が施工するところもあれば、かなり雑な貼り方のお店もあるようなので、お店選びは大変かも。

つまり

カーフィルムを貼ると決めている人、少しでもコストを抑えたい人向け

ディーラーのメリットデメリット

デメリット
  • 下請けに出すので、担当によってはフィルムに詳しくない。
  • 金額が高めの場合が多い。
メリット
  • (担当によるけど)ライフスタイルに合わせた提案をしてもらえることも。
  • そもそも貼るかどうかの相談ができる。(迷惑かもしれないけど)

これはもう担当者によるとしか言いようがないんですけど、親切な担当の方に当たると、そもそもフィルムが必要かやライフスタイルに合わせた提案をしてもらえる事があるのが、ディーラーの強みでしょう。

実際、我が家の担当の方は駐車場の環境まで考慮してくれて感心しました!

あとはディーラー経由なので、何かあった時に安心感ありますよね…

ただフィルムの専門店ではないので、フィルムを合わせてもらうとか、断熱性能の体感などはできなそう。

つまり

安心感を重視する人向け。

断熱カーフィルム「シルフィード」を貼ってみた効果や感想!専門店とディーラーの違いを解説、さいごに

断熱カーフィルムシルフィードを貼ってみた感想と、専門店とディーラーの違いをまとめました。

真夏はまだ経験していませんけど、少なくともサンシェードをつけたり外したりする手間が省けて、子どもと一緒に後部座席に乗る私も車でのんびりできるようになりました。

そうそう、サンシェードの吸盤をどこかに落として来ちゃう事もなくなって、ストレス激減しましたよ。

aco

aco

世帯年収800万~1,000万ぐらい、分譲住宅住み、子ひとり、都市部在住の元専業主婦。つい2年前まで夫の一馬力でしたが、今は家で仕事をしています。

カテゴリー:
関連記事