【腎不全末期の強制給餌】経験者が今思うこと|猫にとって良い事だったのか今も問う

3 min
【腎不全末期の強制給餌】経験者が今思うこと|猫にとって良い事だったのか今も問う

猫の慢性腎不全が進行し食が細くなった猫に、強制給餌をしていました。猫を亡くして10年経った今も、強制給餌は猫にとって良い選択だったのか考えます。

腎不全が進行していくと、なんとなく食が細くなっていき、欲しがるのに食べられない状態になり、次第に欲しがりもしなくなります。

治療のためには体力が必要だし、体力をつけるためには栄養が不可欠。

私は愛猫に1日でも長生きしてほしくて、高栄養食をシリンジで与える強制給餌をしていました。

でも、猫が亡くなって10年経った今でも、それが本当に猫にとって良い事だったのか自問自答しています。

この記事では、強制給餌を経験して感じたことをまとめます。

なお、当記事に書いている事はあくまでも個人の感想であり、強制給餌をする事を批判するものではありません。

猫の強制給餌は腎不全看護の中で一番大変だった

亡くなる数ヶ月前、猫が「ねだるのに、食欲がない(時々リーナルケアをあげるが、割と喜んで飲む)」という状況から、


何となく足元がおぼつかなくなり、手からだと今までは喜んで食べていたご飯も嫌そうだけど少し食べるといった状況になっていきました。

リーナルケアを割と喜んで飲んでいたので、強制給餌も割と簡単に行けるかなぁと楽観していたんですが、とんでもない!

ものすっごい拒否されました…

比較的、おとなしく受けてくれる皮下輸液と違い…

皮下輸液は、猫自身の脱水が解消されて元気になったり、一時的に食欲も増えるというような明らかな効果がある事や、

痛みや不快さがない場所への処置という事もあってか、(もちろん猫によるけど)暴れたりすることなくすんなり受け入れてくれる猫が多いように思うんですね。

我が家の猫も、初めて皮下輸液をする時はそれなりに暴れたけど、数回で「なんか体調良くなる」と学んでくれたのか、暴れずに輸液を受けてくれるようになりました。

でも強制給餌は違います。

猫自身が体感できるような違いもないし、本人が食べたくないのを食べさせるのだから、拒否します。激しく…

本当はもっと上手な方法があったのかも知れないんですけど、

当時はググれば答えが見つかる時代ではなかったし、やり方も下手だったのだと思います。

押さえつけて叱ってまでやる事だったのかと自問自答する

嚥下してくれず、猫の口周りは餌で汚れ、私は怖い顔で猫の顔を押さえつけて「飲んで!」と言葉を強めてしまう事もありました。

はっきり言って、猫の腎不全介護の中で強制給餌が一番大変でした

今子育てをしていると、「心を鬼に」しなくてはならない事ってやっぱりあって、

子どもが歯磨きを嫌がっても、心を鬼にして押さえつけてまで磨くし、きっとすごい顔をしていると思うんです。

でも私が「強制給餌をしてよかったのか」と今でも自問自答するのは、猫が人間でいうともう80代だったのに強制給餌をした事なんですね。

もしも自分が、強制給餌される側だったら

当時の私は猫と自分だけの生活だったので、猫は我が子も同然で、1日でも長く生きてほしいと思っていたんですね。

だからできる限りの事をしたいと思って強制給餌をしました。

でも、当時猫は17歳、人間で言うと80代です。

自分が80代になった時の事に置き換えてみると…

もう食べなくなった私に、点滴等で栄養を送り続けられたら「もうそんな事しないで、静かに眠らせて」という気持ちになるんじゃないかなと思うんです。

これが若いうちだったら別ですよ。

やりたいこともたくさんあるし、生きながらえている間に医学が発展すれば、今までどうにもならなかった病気が治る可能性もあるかも知れないし…

私は既に父を看取っていて、更には60代の叔父や叔母を亡くしているんです。

だから80代で亡くなるって、ある意味幸せな事だと思うんですね。

自分が80代だったら、「もう静かに眠らせて」という気持ちになるんじゃないかなぁと思うんです。

なのに17歳の愛猫に、強制給餌をしたんですよね。

この事は今でも私の中でささくれとして残っています。唯一、心残りと言うか後悔というか、後悔とまでいかないけど、そうですね、ささくれとして残ってます。

【腎不全末期の強制給餌】は一般的な正解も不正解もなく、あなたの選択が正しい

今私が言える事は、腎不全末期の強制給餌に関しては、一般的に正解も不正解もないということです。

そして、もう1つ、「飼い主であるあなたの選択が正しい」ということ。

私は自分自身の選択を今でも自問自答しているけれど、一方で、その時猫の事を思い最善を尽くしたのならそれが正解だとも思うんです。

それにきっと、どの選択をしても、それで正しかったのか自問自答するのだと思います。

でも私は自分が経験をしたからこそ、ここをお読みの方に声を大にして伝えたいです。

飼い主であるあなたの選択を猫はわかっているし、それが正解です。

check慢性腎不全の猫、苦しむ最期ばかりではない体験談

aco

aco

保護猫の里親歴25年ぐらい?です。初めて迎えた猫は17歳腎不全で亡くなりました。その後、被虐待猫の里親になり、現在は3匹の保護猫・元猫嫌いの夫・産まれた時から猫と一緒の子どもと暮らしています。

詳しいプロフィールはこちらから

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事